スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星の絆/東野圭吾 ★★★☆☆


14年前、ペルセウス座流星群を見るため、夜中にこっそり家を抜け出した3兄妹。
帰宅すると、両親が惨殺されていた。
次男は裏口から出てきた男を目撃したが、結局犯人は捕まらず、事件は迷宮入りに。
その後、成長した3兄妹は裕福な男性をターゲットにする詐欺師になっていた。


<俺たちって、流れ星みたいだな>

サクサク読めて、ストーリー展開も楽しめますが、全く心に残らない作品でした。

3人が詐欺師になるという設定が、チープに感じてしまってダメでした。
彼らがそこまで歪んでしまった経緯(施設での苦労など)が、バッサリ省かれているからなぁ。
全体的に読み応えがないのです。

復讐計画も危なっかしいし、ミステリとしても物足りない。
う~ん、残念。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。