スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう誘拐なんてしない/東川篤哉 ★★★☆☆


「俺が、おまえを誘拐してやろうか?」
ひょんなことからヤクザの組長の娘を誘拐する羽目になった翔太郎。
関門海峡を挟んで、脱力感あふれる青春が、小気味よい九州弁が、驚愕のミステリーが炸裂する!(帯より)


<間違いないわ。これは猛毒のシノヤマキシンよ!>

ユーモア満載の軽いノリに、また騙されてしまいました。もちろん良い意味で。

翔太郎と組長の娘・絵里香、翔太郎の先輩・甲本の3人が狂言誘拐を仕組み、一方、ヤクザの組長と絵里香の姉・皐月と組員たちは身代金の工面に奔走する。
ヤクザとかそんなの関係なく、全ての会話が笑えます。
特に、組長とお嬢の関係がいいわぁ。

ヤクザなので、娘が誘拐されたからって、警察に通報するわけにいかない。
そのヤクザも、組長は情けないし、組員はボンヤリしてるしで、これは誘拐劇の緊張感は期待できないかな~と思っていれば、ちゃーんとドタバタやってくれます。

東川さんの作品は楽しんで読めるから、真相とかどーでも良くなってしまうのですね。
だから、謎解きのシーンではいつも驚かされる。
ちゃんとしたミステリなんだ!って。

今回も、伏線の張り方は絶妙でした
物語としては、決してまとまってるとはいえませんが、面白かったからいいか~。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
この錯覚のトリック、好き!
電光板の伏線もうまーい。
結局、ニセ札事件はそこまで重要ではなかったの?
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。