スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fの魔弾/柄刀一 ★★★☆☆

浜坂憲也は二体の銃殺死体と共に、マンションの一室で発見された。
ドアも窓も完璧に施錠され、誰かが出入りした形跡は皆無。
殺人罪で起訴された憲也は犯行を全面否定、しかし裁判でも重要な何かを隠している・・・。
求刑の刻が迫るなか、南美希風は旧友の無実の証明に乗り出すが、自らも絶体絶命に・・・。(本書あらすじより)


<どこまでが操りだ?>

これも手強かった・・・。
クドイほどの細かい描写と大仰な表現にはなかなか慣れませんが、事件はやっぱり奇妙で面白く、真相は意外で驚きました。

でも、これ、もっと短くてもいいよなぁ・・・。
不要なエピソードが多いのですよ。
しかも、読んでる時に「あ、これ絶対不要だ」と気付いてしまうのです。
伏線の張り方が不自然なのか・・・?
文章も淡々としているので、緊迫感や焦燥感が伝わらないのも、冗長に感じた原因かな。

最後まで読んでも、一体「f」が何を指すのか解らなかったのですが、裏表紙に書いてあったのですね。
「友(friend)信頼(faith)事実(fact)」だそうです。ほぉ。

さて・・・次は『密室キングダム』だ・・・。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
『ユダの窓』は未読だけれど、ドアスコープを使ったトリックって、むか~し、レンズ部分を壊して針金を通して鍵を閉めるとかあったような。
すごくインパクトが強かったのだけど、誰の作品だったっけ?

「覚醒剤のまったく新しい大きな市場」については、ちゃんと3つのパターンを予想してたのだけど、そこから1つに絞るロジックが雑すぎ。
少年野球はともかく、ダイエット企業なんて「調べるのが大変」だけで片付けてるし。

そして、風船の真相に激怒。なんじゃそりゃ~!
犯人も地味だよなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。