スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ殺してやらない/蒼井上鷹 ★★☆☆☆

最愛の妻を殺されたノンフィクション作家・瀧野和一は、その悲しみと怒りから自ら調査に乗り出す。やがて有力容疑者”カツミ”が逮捕される。が、安堵したのもつかの間、同じような手口の残忍な事件が発生。そして瀧野に犯人からのメッセージが!!
「瀧野に伝えろ カツミは捕まっても おれは捕まらない」。
真犯人は一体誰なのか?見えない犯人を追う瀧野。そして衝撃の結末が訪れる!(本書あとがきより)


<おまえは まだ 殺してやらない>

ものすごくテンポの悪いミステリでした。

第一部は面白かったのです。
オチにはもちろん、「あれ?こういうストーリーなの?」という意味でも驚きました。
第二部からは、主人公と探偵の会話、主人公の告白がダラダラと続き、もう退屈で退屈で。
真相もパッとしないし、また説明臭くて長い。
読後、続きは「メフィスト番外地」で確認したけれど・・・目新しくなくて残念。

これで、もう長編は読まないことに決定。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。