スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣/京極夏彦 ★★★★★

匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。
箱を祀る奇妙な霊能者。
箱詰めにされた少女達の四肢。
そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。
探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞受賞作。


<何故そんな隙間だらけのまヽ蓋をするんだ>

ただ、ため息。「ほう。」

読書中ずっと文章に煽り立てられているような感覚のまま、一気読みでした。
「みつしり」などの表現にゾクリ。
次のシーンへの展開の仕方も好みです。
なによりも、作中作「匣の中の娘」の幻想的な雰囲気に引き込まれてしまいました。

榎木津が登場すると雰囲気がガラッと変わって、やけに楽しくなります。
関口も相変わらず危なっかしいのだけれど、木場修や初登場の鳥口を含め、京極堂を中心とする彼らの関係はとても魅力的です。

終盤、京極堂が語り出してやっと読者に分かる事実があったり、不満な点はあるのだけれど、読後はそれも些細なことに。
もう「本格」なんて関係のない迫力。
対決シーンには眩暈がしました。

畏れ入りました。傑作です。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
消失トリックはすぐに分かったので少々肩透し。
さすがに、喫茶店で明らかに様子のおかしい久保竣公を榎木津と関口がそのままスルーしちゃうのはどうかと思った。
何やってるんだか。楠本頼子が殺されたのは彼らのせいだ。
一番のサプライズは、冒頭の列車の中で匣を持っていたのが雨宮だったということ。
ラスト、どんな形であれ、雨宮が幸せだという結果が唯一の救いに思えた。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。