スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナシがはずむ!笑酔亭梅寿謎解噺3/田中啓文 ★★★☆☆

師匠・梅寿に「おまえが星の家柿鐘を継げ!」と、東京に呼び戻された笑酔亭梅駆こと星祭竜二。
有名落語家と大名跡を賭けた襲名対決が勃発!?
ツッパリ竜二のハラハラ・ヒヤヒヤ青春落語ミステリー第3弾。(bk1内容説明より)


<噺家殺すにゃ刃物は要らぬ。
      あくびひとつで即死する>


やっぱり、このシリーズ大好き!

第3弾は、ほとんどミステリではなく、各話タイトルの落語の絡みも控えめな印象。
新しく登場した吉原あかりのキャラが良い味出してます。
小学校で落語をしたり、1人で博多の演芸場に出演したり、勝手に大名跡の襲名を決められたり、竜二に降りかかる災難にこちらもハラハラ。

一話毎に騒動に巻き込まれ、翻弄されながらも確実に芸を極めていく竜二。
傍若無人だけれど、誰よりも竜二を理解している梅寿。
この2人の関係がとても温かいのですよね。
最終話ではじ~んときます。
これからも、竜二の成長がとても楽しみです。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
最終話、梅寿が死んじゃうんじゃないか、シリーズ終わっちゃうんじゃないか、本当に心配した。
良かったよ~。
梅寿襲名で周りが騒いでるときに、竜二が泣きながら止めるシーンにうるっときた。
やっぱりええ子や。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。