スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リロ・グラ・シスタ/詠坂雄二 ★★★☆☆

吏塚高校の屋上で発見された、在校生の墜落死体。
同じ頃、校内では名高い「吏塚の名探偵」が受けた、奇妙な依頼。
それは、この事件での依頼人の無実を証明すること・・・。
独特の文体、凝りまくった趣向。
“青春彷徨推理小説(イミテーション・ハードボイルド)”を自称して、ずいぶんと奇妙な才能が出現した! 全4色で本文を印刷したスペシャル仕様!(光文社サイトより)


<優越を砕くのはいつだって無味乾燥な現実だ>

・・・と、こういう言い回しが延々続く学園ハードボイルド。
会話ももちろん洒落ているので、パッと見では意味が解らない台詞もあり、本気で考えたりもしました。
まぁ、最初こそ引き気味でしたがだんだん慣れてきます。
不思議ですが、それほど読み辛さは感じませんでした。

展開もトリックもキャラクターもオーソドックスで好みなんですよね。
意外にもちゃんとしたミステリで、根底にある真面目さが伝わってきて好印象なのです。
最後まで予想通りでしたが、なかなか楽しめました。
四色刷りに意味が無かったのが残念かな。

ずっと気になってた「リロ・グラ・シスタ」とは「the little glass sister」の意味。
『リルラリルハ』みたいなモンですな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。