スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの証拠/アゴタ・クリストフ ★★★☆☆

戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。厳しい新体制が支配する国で、彼がなにを求め、どう生きたかを伝えるために―強烈な印象を残した『悪童日記』の待望の続篇。主人公と彼を取り巻く多彩な人物の物語を通して、愛と絶望の深さをどこまでも透明に描いて全世界の共感を呼んだ話題作。

<お前こそ、ぼくの人生のすべてなんだ>

前作のラストをそのまま引き継いで始まるのに、それまでの日記形式ではありません。
主人公に名前があるのにも驚きました。

形式が異なっているせいか、前作ほどの不穏な雰囲気はなくホッとしました。
新たな登場人物も増え、それぞれのドラマに散々翻弄させられ、結末が全く予想できないまま終盤へ。
いやもう、絶句ですよ。何この展開。
多少、違和感はあったのですが・・・まさか・・・。
前作を上回る衝撃でした。
混乱のまま3作目へ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。