スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絡新婦の理/京極夏彦 ★★★★☆


理に巣喰うは最強の敵・・・。京極堂、桜の森に佇つ。
当然、僕の動きも読み込まれているのだろうな・・・2つの事件は京極堂をしてかく言わしめた。
房総の富豪、織作家創設の女学校に拠る美貌の堕天使と、血塗られた鑿をふるう目潰し魔。連続殺人は八方に張り巡らせた蜘蛛の巣となって刑事・木場らを眩惑し、搦め捕る。中心に陣取るのは誰か?シリーズ第5弾。


<貴方はそうして世界を勝ち取るの?>

これは良い!
今回も800ページの分厚さだけれど、女学生のパートがとても読みやすく、リーダビリティの高さは『魍魎の匣』レベル。
お寺や宗教も絡んでこないため、薀蓄も少なめなのですよね。
そして、しつこいほど意表を突く展開は驚きの連続でした。

「狂気」がベースとなっているので少し疲れますが、なぜか女性にモテる木場修や、榎さんの大立ち回りなど、見所も満載。
作中でツッコまれている通り、見事な「ご都合主義」の真相なんだけれど、そんなことはどうでも良いのです。
めちゃめちゃ面白かったのです。

ラスト一行にため息。美しい!
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
冒頭から京極堂の憑き物落としが始まるので、相手の女性が真佐子か茜か・・・と予想してたのですよね。
終盤で、あれ?五百子刀自かい!と驚いた後、やっぱり茜だったと。
こんなに緻密な計画を立てれるなんて、どれだけ頭が良いのか。

耕作が葵を殺害したのにはびっくりしたなぁ。
(でも、ダンスはちょっと・・・。)
白粉アレルギーも、まさかそんな真相だとは・・・。

再読すると、中盤まで各章の終わりに挟まれていた会話の男女が誰なのか判明して、スッキリした。
関口の出番がないなぁと思ってたら、冒頭は彼の視点だったのね。
美味しいトコロを持っていくなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。