スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モザイク事件帳/小林泰三 ★★★☆☆

犯人当て、安楽椅子探偵、日常の謎、バカミス・・・ミステリでお馴染みの7つの「お題」を解くのは、マッドサイエンティストに記憶障害の探偵、超天才殺人者!
一筋縄ではいかない狂った事件、犯人、探偵を巧緻な論理で寄せ木細工(モザイク)のように組み上げた、叙述トリックの名手としても知られる鬼才の真骨頂。
精密な論理が、そこはかとない黒い笑いを構築する待望のミステリ連作集。(本書あらすじより)


<わしは岡崎徳三郎だ。徳さんと呼んでくれ>

倒叙モノや安楽椅子探偵、SFなど、色々と奇妙なミステリが味わえる短編集。
「大きな森の小さな密室」のみ既読だったのですが、『密室・殺人』よりも先だったので、徳さんがあの徳さんだったとは驚きました。
他にも、まさかあの人が・・・というキャラが探偵役になってたりして面白いです。
谷丸警部や西中島巡査の登場も嬉しいなぁ。

「更新世の殺人」のバカミスっぷりは好み。シュール。
「正直者の逆説」の「わたし」と先生との会話が愉快だけれど、結局何の意味もないやりとりだと判明して脱力・・・。
印象に残ったのは「遺体の代弁者」「路上に放置されたパン屑の研究」かな。

未読の作品の登場人物に関してはやっぱりモヤモヤが残りますね。
とりあえず『家に棲むもの』は読んでみよう。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。