スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかりの剣/海堂尊 ★★★☆☆


バブル景気真っ盛りの1988年。
東城大医学部剣道部の猛虎、速水晃一。
帝華大医学部剣道部の伏龍、清川吾郎。
剣の才能を持つふたりの男が、全存在をかけて戦う。
そしてその戦いの陰には、帝華大から東城大佐伯外科に招聘された阿修羅、高階顧問の姿があった。
医療ミステリーの旗手が放つ、初の青春小説。(帯より)


<森羅万象をぶった斬れ>

帯を見てびっくり。
最近はどんどんミステリから離れてましたが、今回は完全に「青春小説」ですよ。

『ジェネラル・ルージュ』の速水と、『ジーン・ワルツ』の清川(←ド忘れしてた)が主人公です。
チャラチャラ清川のインパクトが強くて、速水の個性が消されてたのが残念。

『ブラックぺアン』とリンクしています。
速水の大学時代なので、島津と田口センセにも会えます。あと世良くんも。
チラとしか登場しないけど、やっぱり田口センセ好き。癒し系。
また『バチスタ』を再読したくなったなぁ。
若かりし高階病院長も剣道部顧問として登場。
陰で腹黒タヌキと囁かれています。私もだんだん苦手になってきたかも。

医療関係は少しだけで、後はほとんど剣道のシーンです。
最初は興味深く読んでいたけれど、終盤には飽き気味に。
途中で漫画っぽい展開になっちゃうし・・・。
(厳しい修行から帰ってきた清川の登場シーンには吹いた。)
結局、速水と清川のどちらに肩入れして読めばいいのか分らなくなったのもあります。

オーソドックスな青春小説ですがなかなか楽しめました。
西瓜とメロンの対決が印象的です。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。