スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪人/吉田修一 ★★★☆☆


幸せになりたかった。ただそれだけを願っていた。
保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。
彼と出会ったもう一人の女。
加害者と被害者、それぞれの家族たち。
群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。
なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか?


<私、本気で誰かと出会いたかったと>

分厚いのに一気読みでした。
登場人物は決して少なくないのに、それぞれの心理描写がとても丁寧なんですよね。
共感する部分も多くて読み応えは抜群でした。

人間ドラマは楽しみましたが、「誰が悪人なのか?」というテーマはサラッと流してしまいました。
佳乃がかなり嫌な女に描かれていることがフェアじゃないと感じたのですよね。
このテーマだったら、被害者にも加害者にも同情できるという構成の方が、より深く考えさせられたかも・・・って薬丸作品の影響?
あと、本書の前に強烈な作品を読んだばかりだったので、祐一と光代の純愛劇(?)については全くピンときませんでした。

重い作品の読後はいつも気持ちが沈むのですが、全体的に(最後のオチまで)どこかで読んだことのあるストーリーだったからか、意外と平気でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。