スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モダンタイムス/伊坂幸太郎 ★★★☆☆

岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」
五反田正臣は警告する。「見て見ぬふりも勇気だ」
渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」
大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」
井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」
渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて、見る角度次第」
永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」
検索から、監視が始まる。


<人の自尊心をもてあそぶなよ>

冒頭から中盤まではどこへ転がるか分からないストーリーに夢中でしたが、そこから中だるみに突入。
読後の感想は、「長い!」でした。
伊坂さんの文体だと緊迫感が伝わらずに安心して読めてしまうのもマイナスかな。

会話やレトリックはやっぱり素敵ですが、珍しく登場人物に魅力は感じませんでした。
一番残念だったのは、(類似点が多いとされる)『ゴールデンスランバー』のような感動的な伏線が見当たらなかったこと。
う~ん、期待しちゃったかな~。

私はやっぱり書き下ろし作品が好きだなぁ。
物足りないです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。