スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の坐る場所/辻村深月 ★★★☆☆

高校卒業から10年。
クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラスメートの「キョウコ」。
彼女を次のクラス会へ呼び出そうともくろむが、「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。(帯より)


<光を背負っているのは、誰だ>

若気の至りって、恐ろしいやら恥ずかしいやら・・・。
どの登場人物にもほんのり共感できるからか、居心地の悪さを感じながら読み進めました。

2章は胸に響くいい話だったけれど、他は印象が薄いかな。
でも、サプライズは強烈です。
なぜか、綺麗に引っかかってしまいました。満足。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。