スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儚い羊たちの祝宴/米澤穂信 ★★★★☆


ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。
中でも、「最後の一撃(フィニッシング・ストローク)」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至難の業でもある。
本書は、その更に上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的に拘った連作集。古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ!


<ただの物語が、胸を離れない>

意外と苦手な作家さんですが、この作品はとっても好みで楽しめました。

「身内に不幸がありまして」既読
「山荘秘聞」は読めそうで読めない展開。こういうオチは好き。
「玉野五十鈴の誉れ」のラストには呆然。あれを伏線にするか!

最後の一撃で比べると『鬼の跫音』のあの作品には及びませんが、作品全体の完成度の高さはこちらの方が上です。
何ともいえない後味の悪さをたっぷり堪能しました。満足!
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。