スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリーポートレイト/桜庭一樹 ★★☆☆☆

あなたとは、この世の果てまでいっしょよ。
呪いのように。親子、だもの。
ママの名前は、マコ。マコの娘は、コマコ。
うつくしく、若く、魂は七色に輝く、そしてどうしようもなく残酷、な母の“ちいさな神”として生まれた娘の5歳から34歳までを描く。(Amazonより)


<なくしたくないものだけ、手に取って>

絶賛されている理由は何となく解りますが、私はついていけませんでした。
想像していた内容とは違っていたからでしょうね。

それでも第一部は好みでした。
七竈の母親よりもタチの悪いマコはもちろん、依存し合う母娘の関係に眉をひそめつつも、ファンタジックな舞台が湿度を適度に抑えていたので何とか読めました。
そのまま最後まで突っ走るものだとばかり思ってたので、第二部の凡庸な展開に戸惑ってしまったのです。
2つの物語が私の中で巧く結びつかないというか・・・特に、コマコの高校時代の物語はポツンと1つだけ浮いているように感じました。
そこで急速に興味を失って、著者が極端に反映されている作品が苦手なこともあり、終盤までなかなかページが進みませんでした。

『私の男』ではあんなに圧倒されたのに・・・残念。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。