スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶叫城殺人事件/有栖川有栖 ★★★☆☆


長編だと思いきや、短編集でした。

6つの建物で起こる事件に、火村とアリスが挑む!
この館が、黒鳥亭、壺中庵、月宮殿、雪花楼、紅雨荘、など素敵な名前ばかり。
でも「館ミステリといえば、館の形状を利用したトリック」だと期待していたので、わざわざこの館の設定は必要なのかしら?と疑問に思う作品がいくつかありました。
「黒鳥亭~」で火村さんが子供に優しいことと、<20の扉>という遊びを発見。
この遊び、とても面白そうだけど、大人相手でも難しいだろうなぁ。
綺麗にまとめたラストでした。
「絶叫城~」でアリスが語った「火村は犯人が拠り所としたものを見抜いてしまう」論ですが、まさにその通りだと感じました。
火村さんが犯罪心理を読み取ってしまうため、それ以上の反論ができなくなるのですね。
(犯人に抗弁する余地があるということは、推理としてはどうかと思いますが。)
短編なので、少し物足りない気もしますが、それぞれしっかりした論理で謎が解明されていて、とても満足でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。