スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷路館の殺人/綾辻行人 ★★★☆☆


奇怪な迷路の館に集合した四人の作家が、館を舞台にした推理小説の競作を始めたとたん、惨劇が現実に起きた。
完全な密室と化した地下の館で発生する連続殺人の不可解さと恐怖。
逆転また逆転のスリルを味わった末に読者が到達する驚愕の結末は?(Amazon内容紹介より)


<関係者中の誰が、鹿谷門実なのか?>

こんなに凝っている作中作って初めてじゃないかなぁ。
遊びゴコロ満載の構成にニヤリとしてしまいました。

作中作は館の雰囲気に比べると事件が小粒に思えて少し残念。
でも、やっぱりそのままでは終わりませんね。
『びっくり館』で名前だけ知っていた「鹿谷門実」の正体に興味津々だったのですが、いやぁ~驚きました。
これにはすんなり騙されましたよ。
このシリーズ、島田潔がもう少しユーモアのあるキャラだったら読みやすいのになぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。