スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星降り山荘の殺人/倉知淳 ★★★☆☆


雪に閉ざされた山荘。ある夜、そこに集められたUFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女流作家など、一癖も二癖もある人物たち。
交通が遮断され、電気も電話も通じていない陸の孤島で次々と起きる殺人事件・・・。
果たして犯人は誰なのか!?あくまでもフェアに、読者に真っ向勝負を挑む本格長編推理。


<これらの条件に基づいて 星園は犯人を絞り込む>

いまさらですが、読んでみました。
有名な作品なのにどうして未読だったかというと、(『葉桜~』の時と全く一緒で)ネタを知ってしまったからです。

そんな訳で、伏線の確認作業をしながらの読書でしたが、真相に至るロジックには頷けたし、心理的な面で「巧い!」と感じさせるポイントもあって嬉しくなりました。
何より、頻繁に登場する「ここに重要な伏線が張られている」「この推理は正解である」などの文章が良い味出してるのですよ。

でも、やっぱり長いかな~。
倉知さんの文章は嫌いではないのですが、不要なエピソードに興味が持てるほど面白くもないのですよね。
事件が起こるまでがダラダラしていたせいか、最後の事件から真相解明までがすんごい早かったような印象。
UFOの薀蓄は有栖川作品並に読み飛ばしました。
以下、戯言ですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
動機が予想とハズれてしまったのが何気にショックだったりする。
最初の方で岩岸が前のオーナーのことをボロクソに貶していたので、「ああ、きっと○○が前のオーナーで、この暴言に怒って殺しちゃうんだろうなぁ~」って思ってたんだけど。
だって、経歴が曖昧だったし・・・。
そうそう、いったい何だったのか、9年前の事件って。
ミスリードっていうよりただ紛らわしいだけで、最後にイラッとしちゃったよ。

ラスト、「何があっても驚いてはいけない」という指示と、和夫が犯人だと名指しされて愕然となりつつも指示された言葉に縛られている様子が最高に巧いと思った。
冒頭で「和夫が犯人ではない」と示されている以上、大半の読者は和夫と同じ考えに至るんじゃないかな。真相を知っていた私でさえ、若干揺らいでしまったもんなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。