スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍び寄る闇の奇譚/はやみねかおる・他 ★★★★☆

さあ、扉を開けて下さい。
めくるめく世界があなたをお待ちしております。
Round1<ぼくのSF> 
 はやみねかおるVS初野晴
Round2<フェティシズム・ホラー>
 西澤保彦VS真梨幸子
Round3<都市伝説>
 村崎友VS北山猛邦


<キミが新しいイノチヅナなんだね>

「少年名探偵WHO 透明人間事件」はやみねかおる
ユーモアたっぷりの文章がとっても好きです。
場面の切り替えが慌しかったですが、一番ミステリしてました。
「トワイライト・ミュージアム」初野晴
何となく『退出ゲーム』シリーズかと予想していたのですが、『水の時計』っぽい暗いトーンの作品でした。
展開がひたすら悲惨なので、ラストには少しホッとしました。
さすが余韻は深かったです。
「シュガー・エンドレス」西澤保彦
ホラーでもミステリでもありませんが、なかなか読み応えがありました。
空しさが漂うラストは好み。
「ネイルアート」真梨幸子
初読みの作家さん。
気持ち悪さはそれほどでもなく、読みやすかったです。
仕掛けには軽く引っかかってしまいました。
「赤い壁」村崎友
こちらも初読み。
最後までキャラクターに馴染めませんでした。
オチはベタですが好みです。
「恋煩い」北山猛邦
北山さんのラブストーリーが予想以上に良くてとっても満足。
でも、もちろんそれだけで終わるはずがないのですよね。
最後の一撃が強烈で、思わず「げ!」と叫んでしまいました。
これは黒い。
以下、戯言ですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「トワイライト・ミュージアム」初野晴
てっきりラストは枇杷が老婆の中に入ってそのまま処刑されてしまうのかとばかり。(乙一っぽい?)
まぁ、それだとナナが戻れないんだけどさ。
「枇杷の手を絶対に離さない」というのが、前フリかと思ったんだけどなぁ。
・・・なんて、今だから余裕があるけれど、読書中のあの雰囲気のままそんなオチだったら耐えられなかったと思う。
本当にホッとしたもんね。

「ネイルアート」真梨幸子
これは途中で「私」が「隣人」の一人称に変わったのかと思ってた。
(自分の)隣(の部屋)で子供が泣いてるのかと。
7年後の「私」が金山だとは意外だったなぁ。彼も壊れてるし。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。