スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密室の如き籠るもの/三津田信三 ★★★☆☆


猪丸家に突然、謎の女が現れる。その名は、葦子。狐狗狸さんのお告げを伝える彼女が後妻に来てから、何かがおかしい・・・。そんなある日、屋敷の二階で密室殺人が起きた。惨事の元凶は狐狗狸さんなのか、はたまた・・・。旧家をおそった凄惨な事件を、刀城言耶が解明する(「密室の如き籠るもの」)。表題作ほか、全4編収録。シリーズ最新作。(本書あらすじより)

<きっと知らない方がいい>

短編と言うこともあり特別印象に残った作品はありませんでしたが、ホラーとしては満足です。怖かった~。
『凶鳥の如き忌むもの』が未読なので、少し消化不良の部分もあり。

「隙魔の如き覗くもの」はストーリーが面白くて、一番ゾッとしました。
「首切の如き裂くもの」の、壁の向こうから(ありえない状態で)覗いてたりするのも相当イヤ。
「迷家の如き動くもの」はさすがに小粒なのではと思ったけれど、怪異譚蒐集の旅の途中で謎に出くわすという趣向が好きです。
「密室の如き籠るもの」は想像通りの真相だったので物足りなかったなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。