スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍神の雨/道尾秀介 ★★★☆☆

人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。
そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。
最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編。


<ねじ曲がって、もう一回ねじ曲がったんだ―>

『シャドウ』や『ラットマン』よりミスリーディングに対するストレスを感じなかったせいか、ストレートにガツンとやられてしまいました。
道尾作品で1つの真相にこれほど驚いたのって、(評判はあまり芳しくないけど)『片眼の猿』以来かと。
そこからラストに至るまでが長かったので読後感はさほどでもありませんでしたが、インパクトの大きさには満足しました。
素直に面白かったです。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
真相にこれほど衝撃を受けたのは、「犯人の有無」を全く意識せず読んでいた(そういう話だと思わなかった)からだと思う。

たとえ楓が睦男を殺害したとしても、スカーフで首を絞めたり、食料庫に隠したりは無理だろうと怪しんだけどさぁ・・・。
それでも、まさか半沢が関係しているなんて、これっっっっぽっちも考えてなかったのさ!
お菓子(うまい棒?)が袋の中で折れてるからってお釣りをくれたエピソードで、「何てイイ人!」ってちょっと感動したくらいだし!
・・・終盤のチープなサイコっぷりは・・・、ないわ~。

あとですね。
「ベッドの揺れ」の真相がどーであろうとも、楓の体操服を盗んだ理由がハッキリしない限り、半沢と辰也の変態度はイーブンなんですが。
これならいっそ、「辰也は楓に好意を寄せている」というところからひっくり返して欲しかった。

蓮が真相を知るきっかけとなった吉岡との再会はさすがに都合良すぎだし、睦男も・・・これで暴力さえ振るってなかったらもっと感動したのに・・・。
ラスト、雨で蓮の電話が不通になって、睦男の死体は事故の可能性が高いと判断されて・・・その後、どうなるのか分らないけれど、とりあえずホッとした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。