スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっすぐ進め/石持浅海 ★★☆☆☆


ぼくの彼女は、謎に満ちていた―。これはあらがえない運命だったのか。幸せを信じる男女に降りかかる、残酷な真実。書店で真剣に本を選ぶ美しい女性―まるで絵画のような光景に見とれた川端直幸。友人の紹介でその女性・高野秋と偶然にも知り合う。関係が深まる一方で、秋にちらつく深い闇は消えない。そして、ついにその正体が分かる時がやってくるのだが・・・。(帯より)

<幸せに向かって、まっすぐ進め>

酒好きが集まって謎を語り合うという『Rのつく月には気をつけよう』と似たストーリー。
最終章で謎めいた美女・高野秋の過去が明かされます。

1話目の「ふたつの時計」は珍しく納得できるロジックで満足でしたが、「いるべき場所」はもういろんな意味でムリ。
主人公カップルのあまりの行動に呆然となりながらも「この2人はそりゃお似合いだわ!」と腑に落ちました。
思考回路が理解できないので、彼らが真相を解明しても奇妙な後味しか残らないのです。
まぁ、この作品に限ってのことじゃないけど・・・。

どうしよう。そろそろ本気でついていけなくなってきたぞ。
もう卒業かな・・・。
『アイルランドの薔薇』や『月の扉』のような作品はもう出ないのかな・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。