スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福家警部補の再訪/大倉 崇裕 ★★★☆☆


鑑識不在の状況下、警備会社社長と真っ向勝負(「マックス号事件」)、売れっ子脚本家の自作自演を阻む決め手は(「失われた灯」)、斜陽の漫才コンビ解消、片翼飛行計画に待ったをかける(「相棒」)、フィギュアに絡む虚虚実実の駆け引き(「プロジェクトブルー」)…好評『福家警部補の挨拶』に続く、倒叙形式の本格ミステリ第二集。(本書あらすじより)

<人がふだんと違ったことをすると、気になる質でして>

普通に楽しめました。
伏線が分かりやすいのと似たような動機(脅迫とか)や展開(取り違えとか)が多いので、どれもインパクトが薄いのが残念。

一番スッキリ納得できた作品は、少し長かったけれど「失われた灯」
「相棒」はあと一歩で感動しそうだったのになぁ。
ビデオ屋の主人や演芸場のオーナーのプチ人情話(?)は好きです。
でも、やっぱり、福家警部補のキャラクターは弱いような・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。