スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可能犯罪コレクション/二階堂黎人・編 ★★☆☆☆


誰もいない屋上からどうやって転落死させるのか、衆人環視の舞台上でいかに刺殺におよぶのか、密室の中の他殺死体―犯人は私なのか・・・。
実力派気鋭作家たちによる書き下ろしアンソロジー!


久しぶりに大山さんの名前を見つけて喜びましたが、これは読まなくても良かったです。少し後悔。

「佳也子の屋根に雪ふりつむ」大山誠一郎
確かに驚いたけれど詰めが甘すぎるし、トリックも簡単。
「父親はだれ?」岸田るり子
最後まで予想通りの展開。
「花はこころ」鏑木蓮
ミステリとしては平凡だし、能楽の魅力もあまり伝わらなかった。
「天空からの死者」門前典之
読み進めるだけで、なぜかストレス。
「ドロッピング・ゲーム」石持浅海
前から思ってたけど、石持作品は架空の舞台だと違和感がなくてイイ。
「『首吊り判事』邸の奇妙な犯罪」加賀美雅之
苦手な分野なので、1ページだけ読んで本を閉じてしまった・・・。ごめんなさい。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。