スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ベストミステリーズ2009/日本推理作家協会編 ★★★☆☆

「熱帯夜」曽根圭介
面白かった。オチもキレイに決まっていて好み。
「渋い夢 永見緋太郎の事件簿」田中啓文
普通にいい話。いつもながら永見がカッコ良すぎ。
「しらみつぶしの時計」法月綸太郎
既読。
「第四象限の密室」澤本等
探偵とワトソン役の個性がイマイチだったけれど、ミステリとしては一番良かった。
「ケモノ」道尾秀介
既読。
「パラドックス実践」門井慶喜
苦手な作家さんだけど、これはなかなか面白かった。
解答にもっと驚きたかったかな。
「検問」伊坂幸太郎
伊坂さんにしては、謎と真相の繋がり方が粗く感じた。印象が薄い。
「駈込み訴え」石持浅海
主人公、さっさとテロリスト辞めなよ。としか思えない。
「前世の因縁」沢村凛
冒頭からは面白そうだと感じたのに尻つぼみ。
「身代金の奪い方」柄刀一
途中で真相には気付いたけれど、それでも巧いよなぁ~。
「モドル」乾ルカ
ミステリというより人間ドラマ。異様なくらい読み応えがあった。
「見えない猫」黒崎緑
つまらないわけではないけれど、あまり盛り上がらなかった。
「ハートレス」薬丸岳
もう少しヒネリが欲しいなぁ。
やっぱりこの人のテーマは短編だと物足りない。
「音の正体」折原一
いつも通り嫌~な気分に。ほんと救いがない。
「リターンズ」山田深夜
真相はやや強引っぽいけれど、展開には笑ってしまった。
「夜の自画像」連城三紀彦
素敵。真相と同時にその画まで鮮やかに浮かんでくる筆力にため息。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。