スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふちなしのかがみ/辻村深月 ★★★☆☆


ひややかな恐怖が胸に迫る――青春ミステリの気鋭が初めて封印を破った現代の怪談!
おまじないや占い、だれもが知っていた「花子さん」。
夢中で話した「学校の七不思議」、おそるおそる試した「コックリさん」。
やくそくをやぶったひとは、だぁれ?
その向こう側は、決して覗いてはいけない―。(帯より)


<私は、ここですよ>

何が怖いって、表紙のイラストが一番怖いです。

ホラーやシュールな物語に油断していたら、いつの間にかミステリな仕掛けに騙されていたりして、いろんな感覚で楽しめました。
全ての作品が印象深いのですが、お気に入りは、伏線が絶妙な『踊り場の花子』とトリッキーな『ふちなしのかがみ』
どちらも、オチや後味が今邑彩さんの短編を思い出させて、とても好みでした。
『八月の天変地異』は『ロードムービー』に感動した私には、少し物足りなかったかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。