スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9の扉/北村薫・他 ★★★☆☆

鮮烈な創造力が次の扉をこじ開けた!?
予測不能の展開。9人の凄腕ミステリ作家がリレーでつなぐ冒険。
『くしゅん』北村薫→『まよい猫』法月綸太郎→『キラキラコウモリ』殊能将之→『ブラックジョーク』鳥飼否宇→『バッド・テイスト』麻耶雄嵩→『依存のお茶会』竹本健治→『帳尻』貫井徳郎→『母ちゃん、おれだよ、おれおれ』歌野晶午→『さくら日和』辻村深月(amazon内容紹介より)


<頭がくらくらするよ>

リレー短編集なのに新世紀「謎」倶楽部ではないということで、安心しながら読んでいたら・・・あれ?何だか様子がおかしい・・・。
なんと、引き継ぐのはそれぞれの作家が決定するお題だけとのこと!
正直、ガッカリ。しかも、ほとんどの作品はミステリではないし。
なぜこういう構成にしたんだろう・・・一つの事件をリレーなんてしたら、やっぱり大ヤケドしちゃうから?
何だか、リレー小説っぽく前の作家の設定を引き継いだ麻耶&歌野作品が逆に浮いてるように感じてしまいました。

お気に入りは鳥飼作品と辻村作品。
鳥飼作品はラストの捻りが好みで、辻村作品は「わかる~!!」と珍しく甘酸っぱい気持ちに。
北村さんへのリンクも絶妙でした。
殊能さんは・・・期待しすぎたかな・・・。
歌野さんも・・・タイトルは最高なのに・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。