スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密室から黒猫を取り出す方法/北山猛邦 ★★★★☆


完全犯罪のために必要不可欠な密室が、あともう少しで完成するというその瞬間、部屋の中に黒猫が入り込んでしまった!犯行計画を崩壊させかねない黒猫を密室から取り出そうと悪戦苦闘する犯人の前に、たまたま世界一気弱な名探偵が現れて・・・表題作をはじめ、蝋燭だらけの密室殺人を描いた「クローズド・キャンドル」など五編を収録。キュートでコミカル、しかし心は本格ミステリ。

<音野はやればできる子なのだ>

ああ~私このシリーズすっごく好きだわ。

物理トリックが苦手なので、簡単にイメージできるのが好感度大!
特に表題作には「ほぉ~」っと感心してしまいました。
「人喰いテレビ」はロジックの飛躍が大きいかな?と感じましたが、「停電から夜明けまで」(←音野兄、再登場♪)と「クローズド・キャンドル」は、私好みの仕掛けに大満足!

殺人事件なのに、とっても平和な雰囲気。
そのせいで「音楽は凶器じゃない」の後味の悪さは薄れてしまったかも。
でも、読み終えるのがもったいないくらい、とても楽しい読書でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。