スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰摩羅鬼の瑕/京極夏彦 ★★★☆☆


白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の五度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。
花嫁を守るよう依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。
ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。―おお、そこに人殺しがいる。


<また妻を殺すのですね、あなた方は>

今回も最初の数行で持って行かれてしまいました。すごい世界観。
一つの事件をじっくり追うというストーリーのせいか、途中で真相が読めてしまい、驚きはもちろん哀しさや切なさがあまり感じられなかったのが残念。
とっても私好みの真相なのですがね~。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。