スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球体の蛇/道尾秀介 ★★☆☆☆

呑み込んだ嘘は、一生吐き出すことは出来ない―。
1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。乙太郎の手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷で、私は死んだサヨに似た女性に出会う。彼女に強く惹かれた私は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込み、老主人と彼女の情事を盗み聞きするようになる。


<誰も悪くないよ>

第一章のサヨのエピソードは本当に魅力的でした。
彼女が最後までしっかり描かれていたなら、ミステリじゃなくても満足できたかもしれません。
真相も、もう少しガツンときて欲しかった。
以下、真相に触れています。OKな方
は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。

たとえば。
友彦が床下で聞いたのは「情事」の音ではなかったり、とか。男女逆とか。
「トウコ」は名前ではなかったり、とか。
実は智子はチーちゃんだったり(←年齢が合わないけど)、とか。
いつもの道尾作品だったら・・・という予想がすべてハズレ。
これがマンネリ化回避の作戦だったら本当に凄いし、「やられた!」って気分なんだけど・・・こんなに面白くなくなるとは。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。