スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィズ・ユー/保科昌彦 ★★★☆☆

閑古鳥が鳴く調査事務所にようやく訪れた一人の依頼人。何と攫われた娘を取り返してほしいと言う。なぜ警察ではなく調査事務所に?!よくよく聞いてみると、誘拐事件はオンラインゲーム“ウィズ・ユー”の仮想空間内で起きたものだった。依頼を引き受けた調査員の高原は、ゲーム内の身代金の受け渡し場所を見張るが―。その後、今回の事件は十五年前に起こった、実際の誘拐事件を忠実に模倣していることに気づく。

<あたしは自由になりたいんです>

今回も、途中までは面白くなりそうな予感がしたのですが、やっぱり期待通りにはいかないみたいで・・・。
不要なエピソードが多くて、メインの事件が中途半端にまとめられてしまったように感じました。
真相も目新しさがないし、切なさゼロ。
同じテーマで未だにアイディアが忘れられない、くろけんさんの『幻影のペルセポネ』と比べてしまうのも残念。

でも、これまでよりずっと読みやすくなったんじゃないかな。
探偵事務所のスタッフも嫌いじゃないし、シリーズ化されたら次も読むかも。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
盗撮事件や浮気調査もメインの事件の伏線だろうなぁと考えていたけれど、それほど効果はなかったような。
結構長いこと引っ張った「主人公が警察を辞めた理由」も、どうせ大したことないんだろうなぁと予想していたら、それを上回るほど大したことがなくて驚いた。
そら奥さん逃げるわ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。