スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水魑の如き沈むもの/三津田信三 ★★★★☆


奈良の山中の村で、珍しい雨乞いの儀が行なわれるという、村に豊かな水をもたらす湖には水魑という神様がいるとも―。
その儀式の最中、刀城言耶の眼前で事件は起こる。
さらに儀式の関係者が次々に不可解な状況で殺されていく。
二転三転のすえに示された真犯人とは・・・。



<僕を呼んでいる。僕に呼び掛けている。僕は呼ばれている>

面白かったぁ!
偲さんと言耶が行動を共にすることで活き活きとした道中になっていて、とびきり読みやすくなりました。
(特に、言耶が偲さんの枕元で怪談を語るシーンがスキ。)
また、正一視点の章が魅力的で、ボリュームがまったく気になりませんでした。
これまでは二転三転の真相に注目していましたが、今回は純粋にストーリーを楽しむことができてとっても満足。
もちろん、真相にも素直にびっくり!
やっぱり伏線の張り方が見事です。
でも、その動機ならこんなに殺す必要があったのかな?という疑問も・・・。

ありがたいことに、ホラーは大人しめ。
私はこれぐらいで十分です。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「まさか龍三まで・・・」の台詞の使い方はもうさすがとしか言えない。

一度消去法で外されているのにも関わらず、小夜子が犯人という真相は新鮮だったなぁ。
私は正一か鶴子が犯人だと考えてたよ。
鶴子と芥路が途中からパッタリ登場しなくなるのが少し不自然に感じたり。

あと、龍吉朗が殺されたことがショックでショックで・・・。
「納得できる動機でなきゃ許さん!」の気分だったので、単なる誤解ってのは嫌かも。
殺すの龍璽だけでいいもん。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。