スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールの底に眠る/白河三兎 ★★★☆☆


夏の終わり、僕は裏山で「セミ」に出逢った。
木の上で首にロープを巻き、自殺しようとしていた少女。彼女は、それでもとても美しかった。陽炎のように儚い一週間の中で、僕は彼女に恋をする。
あれから十三年・・・。僕は彼女の思い出をたどっている。
「殺人」の罪を背負い、留置場の中で―。(帯より)


透明感たっぷりの文体にしては掴み所のある内容でした。
伏線の回収がとても綺麗なんですよね。このセンスは好み。
驚くような真相ではないですが、留置場入りの理由となる主人公の行動には不思議な説得力を感じました。
13年前から現在までの過程にもう少し触れて欲しかったかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。