スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の子供が夜いくところ/恒川光太郎 ★★★☆☆


そこでは不思議はあたりまえ―。
「今年で120歳」というおねえさんと出逢ったタカシは、彼女に連れられ、遠く離れた南の島で暮らすことになる。
多様な声と土地の呪力にみちびかれた、めくるめく魔術的世界。(帯より)


最初はそうでもなかったのですが、読み終わる頃にはすっかり不思議な世界に魅了されていました。
凄惨な出来事も淡々と描写されているのが好み。
お気に入りは、ティユルさんの達観した様子やラストが清々しい「まどろみのティユルさん」と切ないSF「夜の果樹園」
一応連作という形ですが、もう少しユナとタカシをメインに置いても良かったかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。