スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぼれおちる刻の汀/西澤保彦 ★★★☆☆

「時間が止まっている!?」
不条理な出来事に遭遇する女性宇宙パトロール隊員のSF「カデンツァ」
「一つの出来事に記憶が二つ!?」
世界の揺らぎに翻弄される女性科学者のSF「オブリガート」
「殺されては幾度も中学時代へ!?」
<時間の環>に嵌っていく老女のミステリ「コーダ」


<もしかして、揺らいでいる?世界が。宇宙が>

西澤さんが20年以上前に書いた短編を基に全面的な加筆修正を施した作品。
今回も相変わらずの西澤的「Lの世界」な設定です。
SFの舞台設定も会話が中心なのでそれほど説明臭くはなく、すんなり受け入れることができましたが、やっぱり殺人を繰り返す老女を描いた「コーダ」の章が一番魅力的でした。
殺人事件の動機については釈然としない気持ちも若干・・・。
でも、西澤ミステリだからこれもアリということで。
3つの物語を結びつける手法は、予想以上に巧くいってると感じました。
強引だしややこしいですが、モヤモヤした気分は残りませんでした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。