スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝦蟇倉市事件・2/秋月涼介・他 ★★★☆☆


海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉。この街ではなぜか年間平均十五件もの不可能犯罪が起こるという。マンション、レストラン、港に神社、美術館。卒業間近の大学生、春休みを迎えた高校生、会食中の社会人、休日を過ごす教師。舞台も人も選ばずに、事件はいつでも起こっている―。様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ!(本書あらすじより)

<最初から滅びるしかなかった私たちの、これが顛末だ>

「さくら炎上」北山猛邦
これが一番印象に残っています。
真相はすぐに読めますが、刹那的な雰囲気に引き込まれました。
「毒入りローストビーフ事件」桜坂洋
もしかして・・・と思ってたら、やっぱりな真相。
でも、こういう試みは好きです。
「密室の本――真知博士 五十番目の事件」村崎友
この著者の作品は、男の子が主人公の方が自然で読みやすいです。
ラストが意外でした。
「観客席からの眺め」越谷オサム
初読みの作家さん。
なかなかダークな内容ですが、蝦蟇倉市民の描写がさりげなく桜坂さんの作品をサポートしていて面白かったです。
「消えた左腕事件」秋月涼介
こちらも初読みの作家。真相はすぐにピンときました。
「ナイフを失われた思い出の中に」米澤穂信
感傷の漂う中で展開するロジックが巧い。しんみり。
(でも、『さよなら妖精』は苦手。)

似たようなオチが続くのにも苦笑しましたが、誰が描いても魅力が感じられない真知博士はある意味スゴイです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。