スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸太町ルヴォワール/円居挽 ★★★☆☆

祖父殺しの嫌疑をかけられた城坂論語は、変幻自在の論客が丁々発止の応酬を繰り広げる私的裁判“双龍会”の被告となる…容疑を解くためではなく、事件当日、屋敷の一室で二人きりの甘く濃密な時間を過ごした謎の女性“ルージュ”と再会する、ただそれだけのために・・・。(本書あらすじより)

<言の葉吹きましょうか>

第一章はとても好みでした。
「双龍会」の雰囲気作りに必死な印象を感じてしまって、その後の展開にいまいち乗れなかったかな。
(↑京都が舞台なので、そこはホルモー的な余裕が欲しかった。)
鮮やかに繰り返されるどんでん返しは、ミステリというよりマジックの趣を感じましたが、その効果は抜群。
フェアかどうかを考えるより先に、素直に驚いてしまいました。
第一章の伏線の張り方があまり巧くなかった点を考えると、これが正解かも。
恋愛ストーリーのためのサプライズも美しく、余韻にトキメキました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。