スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百器徒然袋 風/京極夏彦 ★★★☆☆


調査も捜査も推理もしない。ただ真相あるのみ!
眉目秀麗、腕力最強、天下無敵の薔薇十字探偵・榎木津礼二郎が関わる事件は、必ず即解決するという。探偵を陥れようと、「下僕」の益田や本島らに仕掛けられた巧妙な罠。榎木津は完全粉砕できるのか?天才の行動力が炸裂する「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の3編。(本書あらすじより)


<旅の恥はかき捨てと云いますが、
      榎木津の場合は生き恥でもかき捨てるんです>


今回は探偵・榎木津に復讐すべく、敵がいろんな策略を張り巡らせるのですが・・・。
とにかく榎さんがいつもの調子なので、こちらもまったくハラハラしません。
乱闘騒ぎもまるで漫画なのですが、そんなの関係なく楽しいのです。
何といっても「面霊気」の特別ゲストには、鳥肌が立ちそうになりましたよ。
びっくりした~。

あまりキャラを増やされたくないことから本島の役割を関口にやらせてもいいのでは?と前作から思っていたのですよね。
(関口も『邪魅の雫』でしっかりしてきたし。)
でも今回、ラストの榎さんの手紙でスッキリしました。
この余韻がいいなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。