スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痺れる/沼田まほかる ★★★★☆

汚れた身体を抱きしめてくれた悪魔に囚われていく私。怒りと赦しを背負いながら生きていく使用人の哀しみ。
姿の見えない彼の妻に翻弄される不倫女の叫び。
―暗い水底に引きずり込まれていくような9つの哀しみと絶望。(帯より)


<赦してくださるのですね>

設定から何から暗い作品が多いですが、コミカルな作風もみられたのは嬉しかったです。
朦朧とした状況の中、ある出来事の真相が明らかとなる「林檎曼陀羅」で掴みはOK。
倫理観が軽く揺さぶられる「レイピスト」、あまりに潔い結末に放心してしまった「ヤモリ」
多分、違う気がするけれどラブストーリーとして堪能した「沼毛虫」
異常にウザイ山田さんにも憎めないところが確かにあって、ラストの躊躇う心理を描くところがまた巧い「テンガロンハット」
最後の一行まで、まったく真相が分からなかった「TAKO」
ラストに思わず噴き出した「普通じゃない」

「クモキリソウ」「エトワール」は少しインパクトが足りない気がしたけれど、かなり満足度の高い短編集でした。
まほかるさんの描く男性は、危険な魅力を感じます。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。