スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴族探偵/麻耶雄嵩 ★★★★☆

自らは推理をしない「貴族」探偵、登場。
推理などという〈雑事〉はすべて、使用人任せ…。
「趣味」探偵の謎の青年が、生真面目な執事や可愛いメイド、巨漢の運転手などを使い、難事件を解決する。知的スリルに満ちた本格ミステリー!


<あなたが解決するんじゃないの?>

「貴族探偵」ではなく「使用人探偵」ですよね。

「トリッチ・トラッチ・ポルカ」「加速度円舞曲」は、アンソロジーにて既読だったので、自然と(貴族探偵のキャラに)期待せずに読むことができました。
「ウィーンの森の物語」「春の声」の丁寧なロジックにも満足ですが、やっぱり一番素晴らしかったのは「こうもり」でしょう!
やっぱり麻耶さん、こういうの巧い!フェアでした!

それにしても、メルや木更津のようなキャラに「女好き」が加わったことで、逆に貴族探偵の方が下品に思えてくるから不思議。
もちろん、それも狙い通りなのでしょうけれど。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。