スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光待つ場所へ/辻村深月 ★★★☆☆

「しあわせのこみち」
T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧倒的な敗北感を味わい……。
「チハラトーコの物語」(「『嘘』という美学」を改題)
美人でスタイル抜群、ガチに博識でオタク。チハラトーコは、言葉に嘘を交ぜて自らを飾る「嘘のプロ」。恩師、モデル仲間、強気な脚本家との出会いが彼女にもたらすものとは?
「樹氷の街」
中学校最後の合唱コンクール。指揮を振る天木だったが、本番一ヶ月前になっても伴奏のピアノは途中で止まり、歌声もバラバラ。同級生の松永郁也が天才的なピアノの腕を持つことを知った彼は……。(amazon内容説明より)

<光はきちんと届いただろうか>

とっても評判が良いし、『凍りのくじら』が好きな人は大満足だと思います。
正直、私にはあまり印象に残らない短編集でした。
どこまでも上から目線の登場人物についていけず、最後までやや空虚なキモチで読み進めてしまいました。
ほんと、辻村作品ってこういうキャラクター、多いわ~。
描写が巧いから余計にウンザリしてしまうのですよね。
その苦手意識が薄らぐほどの感動的なサプライズも、今回はナシ。
スピンオフなのにほとんど登場人物を忘れているのもダメなのかしら。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。