スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが名探偵/泡坂妻夫・他 ★★★☆☆

<事件の解決は、あなたにお任せします。>
人気作家7人からの難題に、あなたは解答をだせますか?


まずそれぞれの事件編があって、最後にまとめて解答編という形式です。
しかし・・・短編だからか、どれも真相が衝撃的でなかったのが残念。

『蚊取湖殺人事件』 泡坂妻夫
泡坂さんは「しあわせの書」しか読んだことがありません。
独特の文体で、トリックや伏線がとても丁寧でした。
『お弁当ぐるぐる』 西澤保彦
美人なのにオヤジ臭くガサツな刑事、佐智枝。
佐智枝に好意をもたれている、上司の美紀(よしき・男)。
美紀はキャリアで超美形なのに、クマのぬいぐるみのコレクター。
事件現場でも、佐智枝が美紀に対してピンク色の妄想を抱いている一方、美紀の心の中は「気になるクマが売れてしまわないか」の不安でいっぱい。
このキャラが面白かった~。シリーズなのかなぁ。
『大きな森の小さな密室』 小林泰三
普通の設定だったので意外でした。
おどろおどろしい作品しか読んだことがなかったので。
この本の中では、一番面白かったです。
この短さで、ちゃんとミスディレクションを入れるなんてさすが!
『ヘリオスの神像』 麻耶雄嵩
木更津悠也シリーズです。
殺人現場の不可解な状況に、まったくお手上げでした。
木更津の真相にいたる論理はお見事!
疑問を挟む余地もなく、スッキリしました。珍しく。
しかし、アイスコーヒーのことを未だに「冷コ」って言うかなぁ。
そこにひっかかる。
ラスト、また香月の名探偵・木更津に対する尊敬度がアップします。
『ゼウスの息子たち』 法月綸太郎
綸太郎シリーズです。
ギリシャ神話と上手に絡めていて、なかなか面白かったです。
ただ1箇所、「綸太郎、無神経!」と感じる場面があって、ますます嫌いに(笑)。
『読者よ欺かれておくれ』 芦辺拓
「グラン・ギニョール城」の森江春策シリーズです。
う~ん・・・導入部分が長い!
トリックにすっかり騙されたけれど(笑)。
しかし、解答編も長いってどうよ。
『左手でバーベキュー』 霞流一
ああ~、やっぱり大好き紅門さん!
動物シリーズを制覇しようと思いながら、ついつい後回しになってる。
この作品も面白かった!また変なトリック使ってるし。
でもやっぱり長編が読みたいわ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。