スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリック・シアター/遠藤武文 ★☆☆☆☆

2010年3月21日未明に、奈良と東京で、女性と男性が殺害された。被疑者は被害女性の夫であり、被害男性の大学時代のサークルの先輩だった。同一人物による500km離れた場所での同時殺人。警察庁「裏店」のキャリア警視正・我孫子弘が捜査の指揮をとると、被疑者の大学時代の映画サークルの仲間4人がこれまで、3月21日に事故・もしくは自殺で死亡していたことが明らかになる。(帯より)

デビュー作より、明らかに文章が読みにくいです。
ドコドコに行ってナニナニに乗って、という描写がいちいち邪魔でした。

あらすじに興味が沸いて手に取ったのに、最初の数ページでそれらが淡々と説明されてしまう味気なさったらもう。
そして、前作といい、なんでこんな大したことのないトリックなのに、題名に「トリック」付けちゃうんだろう。
題名で損してるだけだとも思えませんが。

謎は好みですが、驚くくらい拍子抜けの真相です。
すべてにおいて、説得力が弱いと感じました。
以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
前作であんなプリズンが書かれていたので、トリックに期待はしていなかったけれど・・・それでもガッカリ。
どちらも、そんな単純なトリックが使える施設自体に問題があるだけなんだよねぇ。

あと、戸田は別に要らない。
富樫の映画の詳しい内容も要らない。
(ここから面白くなるのでは?と期待してしまった。)

ラストの血飛沫は、有栖川さんの短編で見たことがあったので新鮮味ゼロ。
それどころか、その前のページの時点でうっすら透けていて、捲る前に笑ってしまった。
せっかくの演出だったのに。残念。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。