スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ、ブラックバード/伊坂幸太郎 ★★★☆☆


太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。
1話が50人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。(帯より)


<美味しいパンになってね>

最近の伊坂作品と比べると楽しめました。
多額の借金のために<あのバス>に乗せられることが決まった男が、同時進行で付き合っていた5人の女性に別れを告げにいくストーリー。

借金や<あのバス>に関する詳細は省かれていて、男が別れを告げに行くついでに彼女の悩みなどを解決(?)していくという流れなのですが・・・。
何だか、ストーリーが「軽妙」というより「テキトー」に感じてしまい、それほどノレなかったかも。
心に残ったのは、第5話のみ。

繭美もねぇ。
最初は興味深く読んでいたのですが、ラーメン屋はともかく、ブランドショップでの振る舞いに、私の中での「憎めないキャラ」を突き抜けてしまいました。
それならそれで一貫してくれればいいのに、最終話は危惧した通りの展開でガッカリですよ。

最終話のラストシーンはとても格好よかった。
以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
人のカードでクリスマスプレゼントを購入しちゃう星野さんにドン引きしちゃった私としては、彼のどこに五股もかけられるほどの魅力があるのか、最後まで理解できなかった。
そして「115」=「カズヒコ」も、私には微妙すぎた。

「R指定のなまはげ」と「知能実験中のゴリラ」には笑った。
繭美も死神っぽいなぁと思っていたので、終盤で否定されてドキッとした。

最終話で繭美が急に軟化した点はガッカリだったけれど、もしも繭美の語った「それぞれの女性に助けてもらう」展開になっていたら、本を投げてしまったかも。
さすがに、伊坂さんはそんな茶番は避けてくれた。ホッとした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。