スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇ツキチルドレン/天祢涼 ★★★☆☆

殺意の矛先は犬や猫、そして人間へ―。小さな地方都市を震撼させる事件の容疑者は、県警本部長も務めた元警察官僚・最上倉太朗!“共感覚”美少女探偵・音宮美夜は妙な出会い方をした高校生・城之内愛澄とともに捜査を開始する。だが最上は「私は音宮くんを殺したい」と宣戦布告!探偵は裏を知り尽くした男を追い詰められるか?

<闇の夜に、憑かれたよう>

美夜のキャラに馴染んだからか、前作より、スッとストーリーに入っていくことができました。ショートの方が似合うわ~。
登場人物のほとんどが歪んだ精神状態ですが、それほど悪質な印象はないのですよね。
愛澄の置かれている状況のみ、先がとても気になりました。
前作よりもいろいろとインパクトが弱くて「あ~。もうこのシリーズはいいかなぁ~」と終盤で感じたのですが、その後の展開で「うわ~。やっぱり次も読む~」という心境に。
これは前作を読んでいたからこその油断かな。とにかく驚いた。
以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。



















いや、もうてっきり美夜が毎回助手を変えながら田舎を旅するシリーズだと思ってたから。
「連れていってほしい」とせがむ愛澄に「お祖母ちゃんと仲良くね」っぽい気の利いたアドバイスをして、サヨナラするんだとばかり。
前作で叙述トリックのパターンは無いって先入観があったからなぁ・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。