スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくりがたり/西澤保彦 ★★☆☆☆

高校三年の冬、自死した青年が遺していた、みだらな空想を綴った奇怪な日記。日記にまつわる人間が、つぎつぎと酸鼻な事件に巻き込まれていく。毎年、大晦日から元旦への一夜に起こる殺人、被害者はすべて女性―。事件の現場に必ず姿を現す謎の男“計測機”とはいったい何者なのか。 (帯より)

<もてもてになりたかったんだね、お兄ちゃん・・・>

「浅敷がたり」はアンソロジーで既読。
各短編は意外性もあって完成度は高いと思うのですが、連作となるととても物足りないです。
あらすじから、てっきり日記がメインだと想像していたからかなぁ。
“計測機”という表現も巧いんだかそうでないのか・・・。

私は西澤ミステリに出てくるミッシングリンクが好みなので、真相には期待していたのですが、今回は脱力です。
まったくスッキリしない。一体、何だったのか。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。