スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナデータ/東野圭吾 ★★☆☆☆

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果・・・犯人は、神楽自身であることを示していた―。(帯より)

<おれはおれである時をおれらしく過ごすだけだ>

最近の東野作品には不満を感じることが多いですが、「ドラマ化のため」だと思えば納得できるのです。
今回もそんな感じでした。
逃走でたどり着いた土地での展開もかなりのご都合主義だし、真相も意外というよりただ強引なだけなんですよね。
スズランのキャラや逃走劇、真相解明で安っぽく豹変する犯人と訳の分からない動機など、ドラマっぽいなぁ~と思って、諦めました。
最初の展開は『マイノリティ・リポート』っぽくて好みなのに・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。