スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と蟹/道尾秀介 ★★★☆☆

「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは大人たちに、そして少年たち自身に、不穏なハサミを振り上げる―やさしくも哀しい祈りが胸を衝く、俊英の最新長篇小説。(帯より)

<何かに取り囲まれていく>

あ~。気が滅入るストーリーだった~。
一つひとつの表現にはグッとくるのですが、どうにも展開が地味・・・というかどこかで読んだような気分になるのは私だけなのでしょうか。
読後感も、とてもあっけなかったのです。
ミステリじゃないなら、せめてまほかるさんのようなズンとした余韻を残す作品を描いてほしいなぁ。
よく評されているように、これが「直木賞狙い」だったらどれだけいいか。
私はミステリのネタが尽きたのではないかと心配している。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。