スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーサイド・スーサイド/北國浩二 ★★★☆☆


「この中の誰かが自殺する」高校のカウンセリング室を訪れた生徒たち。そのなかにいるという。誰が自殺してもおかしくない傷と壊れかけた心の生徒たち。懸命に話しかけきっかけを探し求める。そして「その日」がやって来た。気づくことはできるのか―。(本書あらすじより)

<わたしひとり、涙が溢れ 止まらない>

ストーリーがオーストラリアのアノ映画に似ているので、早い段階で真相が解ってしまったのが何とも残念。
終章でトントン拍子にみんなの悩みが解決したのには唖然ですよ。
特に野球部の彼、さすがにその解釈は無理があるんじゃ・・・。

それにしても、『リバース』の超能力少女が登場したのには驚きました。続編だったなんて。
『リバース』では主人公の行動ももちろんだけど、予言の信憑性にもモヤッとしたので、こちらの作品を先に出した方が良かったんじゃないのかなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。